留学なら【0円留学.com】セブ島で学費・宿泊費0円で英語とビジネススキルを身に着けよう!

   


東京オリンピック、少子高齢化により外国人労働者の増加、各会社のグローバル化など

「英語」を使う機会が増えるでしょうが、島国の日本は、

英語を授業で習って来たはずなのに喋れない人がほとんど。

やはり使わないとダメなんですよね。

そんな中、留学してみたいって思ってる人、少なくないと思うんですが、

行けない理由の一番に費用の問題があると思うんです。

私も大学時代留学したかったけど、費用で諦めたわ。

そんなあなたに朗報です!

なんと学費・宿泊費0円でフィリピンのセブ島に留学出来るんです!



 

学費・宿泊費0円留学って、どうなってるの?

0%e5%86%86%e7%95%99%e5%ad%a6

どんなからくりがあるんでしょうか?

 

0円が可能な理由

0円を可能にしているのは、語学授業と並行して、1日数時間

同じビル内にあるグループ会社のコールセンターで

レッスンの妨げにならない範囲でお仕事をして頂きます。

日本語対応のコールセンタ―なので初心者でも大丈夫!

語学授業以外にもコールセンターでの仕事を通じて、

海外ビジネススキルの向上を図りながら、よりセブ島を感じて、

学費・宿泊費0円で英語を学ぶことが出来るんです。

※航空費・生活費・その他諸経費は別途掛かります。

スポンサーリンク

フィリピンのセブ島は人気スポット

 

フィリピンのセブ島は海外旅行でも人気の場所です。

%e3%83%9e%e3%83%a9%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%af%e3%82%a2%e5%b3%b6%e3%81%ae%e6%b5%b7%e2%99%aa%ef%bc%95

物価も日本より安く、生活費も抑えることが出来るでしょう。

 

学校や会社の場所

学校や会社もセブの中心地にあり、日本領事館と同じビル内にあるので、

安心して通うことが出来るんです。

日本人スタッフが常駐しているので、初めての留学には

安心ですね。

ホテルの様子

滞在する場所を学校の寮などにあえてせず、ホテルに滞在するようにしているのは、

ただ英語を詰め込むのが留学ではないという理由からなんです。

食事に関しても、自由にご自身で安価な食事を摂られた方が経済的ですし、

それもセブ島という異国の地に来なければ経験できないことです。

こちらの写真のように、とてもきれいなホテルです。

sarrosa-hotel-%e5%a4%96%e8%a6%b3

 

sarrosa-hotel-%e3%83%ad%e3%83%93%e3%83%bc

 

sarrosa-hotel-1%e4%ba%ba%e9%83%a8%e5%b1%8b

こんな綺麗なホテルだと勉強に来ているより、まるで旅行に来て宿泊している感覚ですね。

 

授業とお仕事のスケジュールとは?

英語の授業はマンツーマンで行われます。

セブ島に到着後にその本人の英語レベルに合わせて

授業のカリキュラムが構成されます。

一日4時間の授業を受けて、残りの4時間はコールセンターで勤務する。

または一日8時間授業で別の日は8時間コールセンターで勤務など、

スケジュールが組まれるようです。

やはり、宿泊費や学費が0円になるのですから、

このコールセンターの仕事も生半可な気持ちでは出来ないようですよ!

日本のコールセンターでも時給が良い分、クレーム対応なども

大変でしょうから同じですね。

海外で英語を安く学びたいと思う気持ちがどのくらい強いかにも

よるかと思いますが、学費を稼いでいるというスタンスで

取り組まなければならないでしょう。

スポンサーリンク

必要な経費は何があるの?

0円留学と言っても、ホテル代と授業料が無料になるだけで、他の経費は必要なんです。

ホテルの部屋も基本は相部屋のようです。プラスの料金を払えば一人部屋にして貰える

そうですよ。

%e8%ab%b8%e7%b5%8c%e8%b2%bb

出典:セブ島「0円留学」|アーグスイングリッシュアカデミー

600ペソで、約1,300円になるそうです。

航空代も40,000円~60,000円掛かりますし、

アクティビティや、期間内で友達と過ごすのに遊ぶ費用も必要です。

食事も自分でお店などで食べることになるので、

最低でも20万円は必要になるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

格安で英語を学びたいとお考えの方にお薦めな

フィリピンセブ島での「0円留学」についてご紹介しました。

学費と宿泊費が0円になるのは、授業の妨げにならない範囲で、

 グループ会社のコールセンターで働くからである。

・宿泊先はホテルなのでで、食事や文化などの面からも

 異国の地を感じられる。

・金銭的に余裕のない人や、英語のスキルが低い人でも

 安心して行くことが出来る。

・航空費やその他諸経費などの実費は負担しなければ

 ならないので、しっかり下調べしてから利用することが大切。

夏休みや休暇を利用しての留学に利用してはいかがでしょうか?

 

 


 - 生活情報

ツールバーへスキップ