【ガッテン!】緑内障は40歳から注意!なりやすいタイプと網膜の血流アップで防ぐ

   


2017年4月12日放送の「ガッテン!」では、緑内障になりやすいタイプの人を

紹介して予防する方法を教えてくれました。

高齢者がなるようなイメージだったのですが、

アラフォー世代にも関係あることが発覚!

これはしっかり学んでおかねば!と自分の勉強も兼ねての

紹介です。

スポンサーリンク

緑内障と白内障の違いわかりますか?

緑内障の症状とは?

 

緑内障とは、視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなっていく病気です。

 

出典:緑内障ー目の病気百科|参天製薬

 

その進行は上の図のようにゆっくりで症状がひどくなるまで気づきにくいという問題があるのです。

それは、見えていなくても脳が情報をサポートするので、見えているように感じるのだそうです。

また外側から視野が欠けて行くために、中心部が見えなくなって気付くのです。

この欠けた視野は元には戻らないそうです。

 

一度発症してしまうと一生付き合っていかないといけない病気なので、

早めに発見することが大切です。

早めの段階では、眼圧を下げる点眼薬による治療が行われます。

点眼薬でも視野の欠損がある場合は、「レーザー療法」や「線維柱帯切除術

などの外科的治療になります。

 

緑内障の主な原因とは?

 

緑内障は目の硬さである眼圧が影響します。

眼圧の正常値は10~20mmHgだそうです。

眼圧がその人の耐えられる眼圧より高くなってしまうと、引き起こされるのです。

眼圧は眼の中の水(房水)の量によって決まるそうです。

なぜ緑内障は青い瞳の人が失明すると、少し濁った緑色になったことから来たとか、

諸説あるようです。

「ガッテン!」では、最近の研究でこの眼圧が正常値でも緑内障になってしまっている方が

多くいらっしゃる理由を解明していきます。

また緑内障とは別によく聞く白内障についてもちょっと

調べて違いを知っておきましょう。

 

白内障の症状とは?

 

白内障とは、水晶体が年齢と共に白く濁って視力が低下する病気です。

水晶体とは眼の中のレンズのような役目をする場所です。

白内障になると、

  • 視界が全体的にかすむ
  • 視力が低下する
  • 光をまぶしく感じる
  • 暗いときと明るいときで見え方が違うなど

こういった症状が出て来ます。

 

白内障の原因とは?

 

白内障は加齢や糖尿病などで起こりやすくなります。

それは水晶体が主にタンパク質と水で出来ているので、

長年にわたって紫外線に当たったり、様々な影響を受けて起こります。

一番多いのは加齢による「加齢性白内障」だそうで、老化の一種ですので

高年齢の多くは白内障になりやすいのです。

 

白内障は手術で治る

 

現在は技術が進んで、点眼薬や手術などで眼内レンズを入れて見えるようになるので、

緑内障よりは対応がしやすいそうです。

ただ、白内障と緑内障を同時に発症していることもあるそうですが、

白内障を治さないと緑内障が発見されないそうです。

 

スポンサーリンク

網膜の血流が悪い人は視神経に影響

 

今回の「ガッテン!」では網膜と緑内障についての関係が紹介されました。

東北大と東京女子医大の協力で、眼底の網膜の毛細血管の状態が分かる最新の機械で

検査することで色々なことがわかりました。

その検査で緑内障の方を調べてみると、毛細血管の血流が下がってしまっていました。

緑内障は眼圧だけでなく、網膜の血流が悪くなることが影響していることがわかりました。

 

 

血流が悪くなると、栄養や酸素が届かないってことで網膜の視神経がダメージを

受けるんですね!

 

 

 

緑内障になりやすいタイプの人

 

網膜の血流というのは、非常に繊細で影響を受けやすいそうです。

それを実験で紹介されていたのですが、

普通の状態で毛細血管を検査した時と、10分間手を氷水に付けて検査した時の差を見てみると、

 

手の平と網膜って離れているのに、こんなに影響を受けるんですね。

 

また40代以上で以下の項目に当てはまる人は、注意した方がいいそうです。

40歳になったばかりの私も関係ないとは言えなくなりました( ノД`)シクシク…

では、なりやすいタイプをみてみましょう。

 

糖尿病の方

 

糖尿病の方が緑内障になりやすいのはよく聞きますが、血中に糖が毛細血管を傷つける為に、

血流低下を起こしやすいのです。

 

無呼吸症候群の方

 

今回番組で紹介されたのが、緑内障を患っている方の中に睡眠中にいびきが凄い方が多い

ということです。単なるいびきなら緑内障の心配はないのですが、

睡眠中に呼吸が止まる「睡眠時無呼吸症候群」の方が問題なのです。

この方々は眼圧は正常値でも、目に酸素や栄養が行きにくく、視神経に影響を

及ぼすそうです。

睡眠時無呼吸症候群100人の方を調べると、27パーセントの人に緑内障の方が

あったそうです。

 

偏頭痛の方

 

脳の血管が拡張・収縮しやすいので、網膜でも血流低下が起こりやすいのです。

目の血管と脳の血管は似ているそうです。

 

偏頭痛の方って多いですよね。

他人事ではありません。

 

強い近視の方(度数マイナス5位が目安)

 

私も近視なのですが、近視でも度数がー5位になると、眼球が大きくなるそうですが、

毛細血管を圧迫するので、血流が悪くなるそうです。

 

低血圧・高血圧の方

 

低血圧の人は全身の血流が悪くなることが多いので、網膜の血流低下を起こしやすく、

高血圧の人は動脈硬化などになることがあるので、網膜の血流低下を起こしやすいのです。

 

家族歴

 

血縁の方に緑内障の人がいると、緑内障になりやすいリスクは高いそうです。

 

緑内障を進行させない方法

早めの検査を

 

最近は、眼科で「OCT」という緑内障の早期発見に役立つ機械があるそうです。

気になる方は眼底検査OCTなど検査をしてみることが一番です。

 

目薬を途中で止めてしまわないこと

 

緑内障と判断された方で点眼薬を処方された方の4割が途中で点眼を止めてしまうらしいのです。

眼圧を下げるお薬はお医者様の処方と指示通りに点眼することが症状を進行させない

一番の方法ですね。点眼薬を面倒がらずに継続することが大切です。

 

有酸素運動

 

また、全身の血流を良くする有酸素運動も網膜の血流を良くすることに繋がるそうです。

睡眠時無呼吸症候群の方の中には肥満の方も多いので、ダイエットにもなるし、

緑内障の進行も抑えられいいことばかりですね。

まとめ

 

今回は緑内障になりやすいタイプを知り、進行を抑える方法を学びました。

介護の現場で働くようになりましたので、緑内障と白内障の違いを知ることで、

その方の行動を見る目線が変わってきます。

また私もコンタクトレンズを使用していますので、裸眼より網膜に酸素が届きにくい状況です。

ネットで購入しているので、定期的に眼科に行くことが大切だなと感じました。

 

最後までありがとうございました!

 

ガッテン!の他の記事はこちらです↓

ガッテン!まとめ記事|凜のトレンド工房

スポンサーリンク

 

 

 

 


 - ガッテン!, 美容と健康

ツールバーへスキップ