【日本陸上】市川華菜が女子100m決勝優勝、美人で綺麗な歯!どんなケアしてる?

      2017/07/01


こんにちわ。蒸し暑い一日でしたね。

九州では大雨だそうで、その雨も大阪にやってきています。

2017年6月23日~25日、大阪で日本陸上競技選手権大会が開催されています。

なんと、101回目だそうです。凄い数ですね。

そんな日本で一番早い人たちを決める大会で気になった、市川華菜選手について

ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

女子100メートル決勝で優勝!

 

今年は5年ぶりの大阪での開催だったようですが、

私の主人は今日24日、会場に観に行っていました。

100メートルで優勝が期待されていた福島選手の写真などを写してきていました。

 

決勝は夜に行われるということで、帰宅し、家族でテレビで観戦していたのですが、

なんと100メートルで優勝したのは、市川華菜選手でした!

 

ゴールした瞬間、福島選手と身体一つ分は差がありましたね。

インタビューに応じる市川華菜選手を見て、美人な選手だな~と思った方も

多いと思います。

「焦るな、あと20メートルある」と思いながら走ったという市川華菜選手ですが、

11秒の間にそんなことを考えるんですね。

 

 

市川華菜選手のプロフィール

 

市川華菜(いちかわ かな ) 選手は、1991年1月14日生まれの現在26歳です。

身長164センチで体重は48キロです。

あの引き締まった身体で、美人なんで、これから注目されるでしょう。

愛知県の豊田市出身で、中京大学を経て、現在はミズノに所属されています。

陸上を始めたのは中学の頃で、いい成績を上げていたそうですが、

ダイエットを兼ねた部活程度の意識だったそうです。

ゆるい加減で、余裕を感じますね。

 

スポンサーリンク

 

中京大学での青戸慎司コーチとの出会い

 

そんな市川華菜選手ですが、2009年に中京大学に入り、陸上部の青戸慎司コーチとの出会いで、

急成長を遂げたそうです。

第93回日本陸上競技選手権大会で女子200メートルで決勝進出して8位、

2010年には世界ジュニア陸上競技選手権大会の日本代表に選ばれて、

女子200メートルで日本初の決勝進出も果たして8位に入っているんです。

2013年には中京大学を卒業して、ミズノに入社して競技活動を行っているそうです。

そして、今夜の女子100メートル決勝で、11秒52という記録で初優勝して、

あの福島千里選手の8連覇を食い止めました。

力強い後輩が現れました!

 

 

あの綺麗な白い歯はどんなケアをしているの?

鶴舞歯科でのケア

 

市川華菜選手と言えば、今回のインタビューでアップになっても、

かなりの美女です。大きなパッチリとした目に、綺麗に揃った白い歯。

まるでタレントのようなスター性のあるアスリートだな、と思いました。

これまで陸上選手でこんなきれいな人居たかな~と(他の選手に失礼ですが)、

思うほどです。

彼女のあの白くて綺麗に揃った歯は天然物なのか気になったのです。

そこで調べてみました!

 

すると、市川華菜選手が青戸コーチと通っているという鶴舞歯科の記事を発見!

 

スポーツ歯学|鶴舞歯科

 

こちらの鶴舞歯科で、ポリリンホワイトニングのモデルもなさっているんですね!

 

ポリリン酸ホワイトニングとは?

 

市川華菜選手が行っているのは、ポリリン酸ホワイトニングというケアのようですが、

どのようなホワイトニングでしょう。

ポリリン酸とは、化合物のリン酸が多数結合してできた物質で、人が生きていく上で欠かせない物質

だそうです。ホワイトニングしながら、歯をコーティングしてくれるという理想の方法のようです。

このホワイトニングのメリットは、

  • 安全性が高い
  • 痛みを感じることが少ない
  • キラキラと輝きのある自然で美しい白さに仕上がる
  • 短時間で済む
  • ポリリンコーティングにより歯の表面が強化され着色しづらくなる
  • ホワイトニング直後でも食事制限の必要がない
  • 1日に何回でも行うことができる

 

こういったことがあげられるそうです。

確かに、市川華菜選手の歯は、とっても白くて綺麗ですよね!

またデメリットとしては、

  • すべてのクリニックで行っているわけではない
  • 重度の歯周病の方は場合によってはシミが出る可能性がある

引用元:ポリリン酸ホワイトニングの特徴と治療の流れ|審美歯科ネット

 

デメリットも、歯周病などがない方であれば問題ないようですね。

 

 

歯並びの悪い私にとって、あんな風に綺麗な歯はとっても羨ましいです

 

 

アスリートは歯を食いしばる力など、歯の力も大きく関わるので、

こういった細かいメンテナンスが功をそうしているんでしょう。

一般人でも噛み合わせは大切なので、スポーツされる人なら尚更です!

歯が命は、芸能人だけでなくアスリートも同じですね(笑)

 

 

 

2020年東京オリンピックに期待

 

今回の陸上・日本選手権で好成績をおさめると、8月のロンドンで行われる世界陸上に出場が

決まります。

明日6月24日の17:30~は女子200メートルの決勝で、また福島千里選手と、市川華菜選手が

出場しますが、会場である大阪は大雨の天気の予報が出ているので、

どのような結果になるのでしょうか。

 

2020年の東京オリンピックでは、現在活躍している選手たちも3歳年齢を重ねてしまいます。

現在28歳の福島千里選手が頑張っていますが、3年後活躍している若手の選手らを引っ張る存在に

なって欲しいですね。

 

まとめ

 

今日は、現在開催されている第101回日本陸上競技選手権大会、女子100メートルで初優勝した、

市川華菜選手についてご紹介しました。

またスポーツ観戦に燃えるシーズン到来です。

また200メートルの結果については追記したいと思います。

 ※追記

200メートルも11秒23の記録で1位でした!

8月の世界陸上、楽しみですね。

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク

 

 


 - ニュースより

ツールバーへスキップ