WordPress プラグイン 吹き出しのSpeech BubbleのアイコンとAddQuicktagの設定方法~ロリポップ利用者編~

      2016/09/18


今日は最近私のブログでも使っているプラグインSpeech Bubbleの設定方法などを初心者なりに解説したいと思います。

スポンサーリンク

Speech Bubbleとは?

ママ友あきさん
最近凜ママ、ブログ凝って来てるよね~。LINEみたいな吹き出しとか使ってるよね。
そうなのよ。良いサイトを見つけて勉強中よ。これはSpeech Bubble ってプラグインなのよ。
ママ友あきさん
何だか難しそうね。よく自分でできたね。凜ママ、そんなの得意だった?
それがね、全然専門的な知識もなくても、見ようみまねでここまでできちゃったのよ。
ママ友あきさん
私にもできるかな?
出来る出来る~、だって私が出来てるんだからね。

 

このように、会話形式で記事を書いていけるのがSpeech Bubbleというプラグインなのです。

文字だけの記事よりも、漫画みたいで頭に入りやすいでしょ?

この便利なプラグインを紹介しているのが、私のブログの先生の松原潤一さんのブログです。

WordPressの吹き出しプラグインSpeech Bubbleで会話形式のブログコンテンツが作れる

こちらを参考にして私は吹き出しを使うことが出来ました♪

スポンサーリンク

Speech Bubbleの吹き出しのアイコンを好きな画像にする

ママ友あきさん
とところで、私の顔のイラスト、どうやって貼ったの?
これもね、松原先生の記事を参考にしたんだよ。

【Q&A】プラグイン 『Speech Bubble』の吹き出しのアイコンを好きな画像に設定する方法は?

ママ友あきさん
え~、凜ママはエックスサーバーじゃなくて、ロリポップでやってるでしょ?
そうなのよ。でも、何となく一緒だったからできたよ。
ママ友あきさん
え~、私、最初から説明してもらえないと無理~。凜ママ教えて。

ってことで、サーバーをロリポップを使っている方向けにSpeech Bubbleに好きな画像を保存する方法を説明しますね。

サーバーに接続する部分から参考にして下さい!

ロリポップサーバーに画像をアップロードする方法

まずロリポップにログインしてください。ロリポップ!

1・アカウント情報をクリックします。↓

 

ロリポップのアカウント情報画面

2・ロリポップ!FTPにログインします↓

ロリポップ!FTPにログイン画面

3・フォルダの「WP-content」をクリックします。↓
image

4・フォルダの「plugins」をクリックします。↓

pluginsをクリックする画像

5・フォルダの「speech-bubble」をクリックします。↓

speech-bubbleをクリックする画像

6.フォルダの「image」をクリックします。↓

imageをクリックする画像

7・上部の⇧マークより画像を選択します。↓

画像をアップロードする画像

 

8・画像を選んだら「アップロードする」をクリックします。↓

画像をアップロードする画像

9・アップロードが済んだら「ファイルを選択する」をクリックします。↓

 

ファイルを選択するをクリックする画像

10・今回選んだ画像の名前が表示されています。これで完了。

好きな画像が登録されている画像

初心者の私が説明したので、かなりわかりやすかったでしょ?(笑)

時間短縮になるプラグイン「AddQiucktag」登録にエラーがでる

このSpeech Bubbleをもっと使いこなすには、こちらの

便利なプラグイン「AddQuicktag」の使い方を知らないWordpressユーザーは人生損してる

を参照して下さい。

私がこの通りにやっていて、登録しようとしてもできませんでした。

インターネットエクスプローラーでWordpressのダッシュボードを開いていると

色々相性が悪いようです。Googleで開いて使うことをお勧めします。

また

エラーの画像

この設定どおりロリポップですると、きちんとAddQuicktagが反映されました。

スポンサーリンク

まとめ

WordPress、最初はちんぷんかんぷんでした。
でも、焦らず先輩方の教えを真似して行くと、何となくから、着実に理解出来るようになります。

教科書は幾らでもインターネットにあります。その中で、より理解しやすいサイトを見つけて活用していくと良いですね。


 - ブログ構築

ツールバーへスキップ