絵本「いのちのはな」「ママがおばけになっちゃった」感想!のぶみ作~いのちを伝える~

      2016/12/05


ねえ、あきママは「ママがおばけになっちゃった」知ってる?
ママ友あきさん
知ってる、知ってる、私も買ったよ。あれは一緒に読んでいて涙がでちゃうわ。
ホントそうだよね。ママが死んじゃう話なのに、ママに人気なんだって。

 

ママ友あきさん

まだ小さいからいのちのことがわからないかもしれないけど、

あんな感じで描かれていたらイメージするかもしれないね。

 

 

そうだね。そしてまた同じ作家の、のぶみさんが「いのちのはな」って

本を出版されたから読んでみたの。とってもいい本だよ。

 

ママ友あきさん
そうなんだ、私も読んでみるわ。

 

今日は子育て中のあなたに二冊の本「ママがおばけになっちゃった」「いのちのはな」を

ご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

「ママがおばけになっちゃった」作・のぶみ

 

%e3%83%9e%e3%83%9e%e3%81%8c%e3%81%8a%e3%81%b0%e3%81%91%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a1%e3%82%83%e3%81%a3%e3%81%9f%ef%bc%81

こちらの絵本はかなり有名になり、書店でも人気の絵本です。累計54万部突破したそうです。

突然交通事故でママを亡くした子供がおばけになったママと過ごして、

気持ちの整理をつけることが出来、成長するお話です。

一見、とても悲しいお話に聞こえるんですが、この絵本の中のママは

とてもおっちょこちょいなんです。そんなママと子供の「ある、ある~」って

話題も織り込まれて、クスッと笑いながらも読めてしまう絵本です。

 

もし、自分が急に死んじゃったら

 

そんな想像って、普段することがないですよね。

私も幼少の頃は家族を亡くした経験がありません。大人になってから最愛の祖母を

亡くしましたが、本当に辛かったです。

 

自分の子供が小さな時にその現実を乗り越えられるのか?って考えちゃいますね。

 

 

でも、人の命ってわかりません。

今って、事故でなくても、地震も多いし、若くても病気になることもありますからね。

子供にそんな時はこうやって乗り越えるのよ、と教えなくても、

この絵本を通じて教えることが出来ます。

 

 

 

 

「いのちのはな」作・のぶみ

 

%e3%81%84%e3%81%ae%e3%81%a1%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%aa

 

こちらの絵本は、「人生で大切なこと」をテーマに3000人以上の人に制作途中の読み聞かせては

修正を重ねて仕上げられた絵本です。

作者のぶみさんの辛い過去の経験を元に、「あきらめず逆境を乗り越える力」「生きる力」を

主人公の男の子が植えたチューリップを通して、子供たちに伝えます。

そんな話の中でも、またのぶみ流のちょっと笑いが出るような花の仲間との

会話があったりして和むのです。

重たい内容を明るく読み聞かせて、読み終えた時には心に響く作品となっています。

 

 

スポンサーリンク

 

作者のぶみさんの経験を子供たちへのメッセージに

 

プロフィール

のぶみ

%e3%81%ae%e3%81%b6%e3%81%bf

 

1978年東京都生まれ。いじめや不登校に苦しむ子供時代を経て高校生の頃には

「池袋連合」という当時の”チーマー”の総長に。その後保育士の専門学校へ通い、

気になる女性が”絵本すき”だったために自ら絵本を書き始める。(その女性が

今の妻)「僕、仮面ライダーになる」「しんかんくん」はじめ、170冊以上の絵本作品を発表。

絵本にたびたび出てくる”かんたろう君”と”あんちゃん”は自身の息子と娘がモデル。

お酒も飲まなければタバコも吸わない。腰痛と腱鞘炎に悩む38歳。

出典:情熱大陸

 

いじめや自殺未遂の経験をばねに

 

今は絵本作家として大活躍ののぶみさんですが、小学校3年生の頃からいじめにあい、

小学校4年生の頃に自ら自分の首を切って自殺を図ったそうです。

死ねなかったのぶみは首を吊ったのですが未遂に終わってしまいます。

 

小学生で死にたいと思う程苦しかったのでしょうね。

 

その後も中学校に行くが、精神は病んでいて不登校になるのです。

その後進学して高校には入りますが、悪い連中とつるんで、なんと

その160人ものリーダーになってしまうんです。

 

奥様との出会いが絵本作家になるきっかけ

 

「池袋連合」から足を洗い、保育士を目指した場所で出会った今の奥さんの力が、

のぶみさんを救ったんでしょうね。

 

 

保育士になろうと思うことや、一途に人を想う気持ちがあったのは、

のぶみさんが優しいからですね。

 

 

人生を諦めないこと

 

人では次々と試練が来る時もありますが、そんな時も心を強く持ち、乗り越えて

その経験があったから今があるんだと肯定できるようになることが大切ですね。

ご自身の経験を絵本の世界にも生かしてらっしゃいます。

 

 

 

絵本が全ページためしよみ出来るんです

 

今回絵本を検索していると、本によって全ページや一部ためしよみ出来るサイトを見つけました!

子供にプレゼントする前に、一緒に読んで選んでもいいですね!

無料の会員登録だけ済ませると、読むことが出来るんです。

 

ご紹介した二冊は全ページ読めましたよ。

 

読めるのは1度だけのようなので注意して読んでみてくださいね。

 

「ママがおばけになっちゃった」はこちら➡ママがおばけになっちゃった!|絵本ナビ

「いのちのはな」はこちら➡いのちのはな|絵本ナビ

 

是非読んでみて下さい!

 

まとめ

 

今日は、のぶみ作の「ママがおばけになっちゃた」「いのちのはな」をご紹介しました。

子供は本当に授かりものです。

自分のところに生まれてきてくれた命を大事にして、育てていきたいですね。

赤ちゃんから保育園位までは、思うように子育てが行かずに、

悩むことも多いでしょう。

そんな時は、ちょっと立ち止まって、深呼吸です。

自分のことも大事にしながら、子育てすると、また初心に戻れます。

 

 

完璧な子育てなんてないんですよ~。

あなたの信じる方法で育てていってくださいね!大丈夫!

あなたがちゃんと育っているんだからね。

 

 

スポンサーリンク

 


 - 体験レビュー, 商品レビュー, 子育て, 生活情報

ツールバーへスキップ