早めが肝心!花粉症対策

      2016/04/08


今日は割りと暖かい一日でしたね。

もう花粉が飛んでいるようですね。
私はまだ花粉症ではないのですが、自分には関係ないから、と言ってられないようですね。突然発症することもあると聞いてヒヤヒヤしております。
ドラッグストアに立ち寄ると、マスクや様々な薬が並べてありました。

あぁ、そういう時期なんだな、と思いながらまだ体験したことのない症状の対策について調べてみました。
image

<抗ヒスタミン薬>
一般的には、花粉が体内に入り粘膜に付着すると免疫反応が起きます。その際に放出されるヒスタミンという物質がアレルギーを誘発します。それで、くしゃみや、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった花粉症の諸症状が起きます。
そこで、そのヒスタミンが反応しにくくなる抗ヒスタミン薬を服用して、症状を和らげます。

<花粉の侵入を防ぐ>
これは、マスクや眼鏡などで花粉の侵入を物理的に防ぐ方歩です。
今はマスクがどんどん進化していますよね。ヒモがないマスクもあるんですね。

光触媒加工をしたマスクまでありました。

<舌下免疫療法>
スギ花粉の抗現液を数年にわたって投与する療法。体内に先に免疫反応を起こさせる方法。予防接種と同じ理屈でしょうね。
今は保険も適用されるようになったそうです。
最低でも期間が2年はかかり、効果がある人は8割とのこと。

~月刊トレンディ参照~

それでも毎日顔回りの鬱陶しい症状が完治するならかけてみたいと思いますね。

私は予防に花粉症に効くらしい大好きな甜茶から始めてみます。


 - 美容と健康

ツールバーへスキップ