ビタミンCの170倍の抗酸化力「フラーレン」ノーベル賞受賞成分でアンチエイジング【商品レビュー】

   


乾燥しやすい季節になって来ましたが、お肌のお手入れ大丈夫ですか?

今日は、またお試しすることが出来た商品のレビューを書きたいと思います。

毎回、レビューを書きながらその製品を調べて行くのですが、

健康オタクの私も全く知らない注目の成分が含まれていたりで、

とっっても勉強になるんですね。

せっかく調べたことはこうやってブログにアップして

アンチエイジングしたいと思っているあなたへ、お届けしたいと思っています。

今日はノーベル賞を受賞した注目のアンチエイジング成分の「フラーレン」についてご説明したいと思います。



 

「フラーレン」って成分を知ってますか?

「フラーレン」って私は初めて聞いたのですが、あなたはご存知でしたか?

今、美容業界では大変注目されている成分で、1000を超える美容皮膚クリニックでも

使われているそうです。

この成分の凄い所は

抗酸化力ビタミンCの約170倍

コラーゲン生成促進作用プラセンタの800倍

強い抗酸化力なのに低刺激な所が美容業界から注目されている要因です。

またこの成分を発見した人はノーベル化学賞を受賞しているという

凄い成分なのです。

 

スポンサーリンク

「フラーレン」の働き

このフラーレンの働きをわかりやすく載せたサイトより抜粋しながらご紹介します。

抗酸化作用

 

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e5%8a%b9%e6%9e%9c

 

フラーレンを加えた水に浸したりんごです。

フラーレンが酸化を防いでいるのがわかる写真です。

活性酸素を吸着して酸化を防ぐ

 

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e5%8a%b9%e6%9e%9c%ef%bc%92

出典:フラーレンとはどんな働きをするの?美肌総合研究所

フラーレンの特徴は活性酸素を吸着して酸化を防いでくれるところです。

またその持続力が長く、このフラーレン入りの水に刺した植物は

11日間も葉が元気でした。

 

 

「フラーレン」とビタミンC誘導体は相性抜群

%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3%ef%bd%83%e8%aa%98%e5%b0%8e%e4%bd%93

化粧品などに含まれるビタミンCですが、そのままでは酸化してしまうので他の分子とくっつけて、

ビタミンC誘導体」として配合されています。そうすることで肌へ到着するまで酸化されない

安定した状態になるのです。

そして肌に触れると、くっついていた分子が外れてビタミンCとなり、

肌に吸収されるのです。ただ肌の中にも活性酸素は存在していますので、

肌に触れた瞬間から何%かは酸化してしまうのです。

%e3%83%93%e3%82%bf%e3%83%9f%e3%83%b3%ef%bd%83%e8%aa%98%e5%b0%8e%e4%bd%93%ef%bc%94

そこにフラーレンの活躍です。ビタミンC誘導体と一緒にフラーレンを配合していると、

活性酸素を吸着してくれるんですね!

上記でも説明したように、その持続力が長いことで、ビタミンCが酸化されずに

肌に届けられるのです。

 

スポンサーリンク

「BEAUTY MALL」フラーンビタミンC誘導体APPS化粧品

ビタミンC誘導体の中でも、通常のビタミンCの100倍の「APPS」とフラーレンを配合した

化粧品がこの「BEAUTY MALL」にあります。



フラーレンも水溶性と油溶性フラーレンが入っている表示があるのですが、

こちらの会社では全てのフラーレンを取り扱っています。

この表示を提示できるのは規定以上の成分を配合している所のみです。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e8%a1%a8%e7%a4%ba

 

 

「フラーレンオイル」体験レビュー

今回はフラーレンオイルを体験しました。

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%aa%e3%82%a4%e3%83%ab

今回試したのはフラーレンオイルです。

驚異のリボフラーレン5%配合(規定以上)の製品です。



99%植物由来で、贅沢な女子必須天然オイルを絶妙にブレンドしてあります。

香りも何だか自然の中にいるような香りだな~と思ったら、

天然精油がふんだんに入っているんです。

イランイラン花油・オレンジ花油・パルマローザ油・ビターオレンジ葉/枝油・ラベンダー油・レモン果皮油

これだけでもアロマテラピー効果ですね。

今まで使ったオイルと違うのは、肌に浮いたような感じが全くしないことです。

スーッと肌に馴染み、手に残ったオイルは髪にも付けて全身ケアできます。

このオイルはホントお薦めします!

 

(※個人の感想です)

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はフラーレン配合の化粧品を調べる為に、初めて知った「フラーレン」。

  • ビタミンCの約170倍の抗酸化力がある。
  • フラーレンと相性のよいビタミンC誘導体は「APPS」である。
  • 「BEAUTY MALL」では規定上のフラーレンを配合した化粧品を取り扱っている。

 

シミ・シワなどのアンチエイジングケア、頑張っていきましょうね!

使うなら、本物の商品を使っていきましょう!

 

 


 - 体験レビュー, 商品レビュー, 美容と健康

ツールバーへスキップ