ドラマ「カルテット」あらすじ&みどころ、松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生、期待に応えるドラマになるか?

   


1月17日TBS系列の夜10:00~火曜ドラマ「カルテット」がスタートします。

このカルテット、注目の理由は、松たか子、満島ひかり、松田龍平、高橋一生の実力派の俳優が

4人で繰り広げるストーリーです。

脚本は「東京ラブストーリー」などで有名な坂元裕二氏。

 

 

最近はちょっとヒットが出ないようですが、今回の作品に期待したいと思います!

あらすじとみどころをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

 

「カルテット」登場人物

 

●第一バイオリン

巻真紀(まき まき)…松たか子

極度の心配性でネガティブ思考だが、時折核心に触れる発言をする。

メンバーの中では一歩引いた存在。

家庭を持っている為、普段は都内で暮らし、週末に軽井沢に通っている。

名前が、まきまきって冗談かしら?これにツッコむシーンありそうですね。

 

●チェロ

世吹すずめ満島ひかり

無職で司の祖父が持つ軽井沢の別荘に居着いている。寝るのが何よりの幸せ。

働かなくて寝ているのが幸せって、どんな人物設定でしょうか?(笑)

●ビオラ

家森諭高…高橋一生

美容室勤務だが、資格を持っておらず、アシスタントをしている。

自己のこだわりが満載の一風変わった男で、理屈っぽい物言いをする。

●第二バイオリン

別府司…松田龍平

ドーナツ会社に勤務。カルテットの中で唯一他人と冷静に会話できるリーダー的存在。

音楽一家に生まれ、カルテットの活動の拠点として祖父が所有する別荘を提供する。

 

「カルテット」あらすじ

都内のカラオケボックスで偶然出会った30代の男女。

奇跡的に出会った4人がその日の内にカルテット(弦楽四重奏団)を結成することになります。

司(松田)の祖父が所有する軽井沢の別荘を拠点とすることになる。

週末をメインにショッピングモールの一角などで地味に演奏会をしました。

ある時、司がとあるライブレストランの週末の演奏枠を発見する。

4人は現地に急行し、自分たちを売り込もうとするが、勘違いであることが

分かり意気消沈してしまうのです。(第1話)

 

「カルテット」の脚本と視聴率への期待と噂

脚本への期待

 

この火曜ドラマの枠ですが、前作「逃げるは恥だが役に立つ」が社会現象を巻き起こすほどの

人気作品となったため、かなりハードルが上がりました。

 

 

 

またこの作品の脚本家の坂元裕二さんが前作で手掛けたのが

月9で有村架純主演の「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」でした。

しかし、期待をよそに平均視聴率9.7%という低い数字だったので、

今回の作品でどうなんだろ~と心配されているのです。

 

夢を叶えられなかった4人が、偶然に隠された秘密で出会い、

おりなすストーリ―が、視聴者の心を掴めるのか?

それもみどころのひとつなんです。

 

売れっ子脚本家は常に求められるので、時代を掴むのが大変ですね!

 

 

番組プロディーサー、俳優陣の夢

 

しかし、このドラマのプロディーサーの佐野亜裕美さんは4年をかけて

この作品を夢見て実現されたそうです。

満島ひかりさんに「いつか坂元裕二さんの脚本で一緒にドラマを作るのが夢」と

語っていたそうです。

また満島ひかりさんと松たか子さんは初共演ですが、

満島ひかりさんは松たか子さんの「四月物語」を100回くらいは

観ていたそうで、初めて会った感じがしなかったと語っています。

女優となり、自分がずっと観ていた憧れの人と共演出来るなんて幸せですね!

 

まとめ

今回はTBS系列火曜ドラマ「カルテット」のご紹介をしました。

やっぱり、ドラマって脚本と俳優がぴったり合った時にヒットしますよね。

私が脚本が面白くないと、俳優さんの力だけでは難しいなって思っています。

このドラマの視聴率にはきっと脚本家の坂元さん、懸けていると思います。

4人のカルテットの演奏が、番組を盛り上げて、視聴率に繋がることを期待します。

公式HPはこちら➡火曜ドラマ「カルテット」TBSテレビ

 

最後までありがとうございました!

 

他のTBS系列の注目ドラマの記事はこちら↓です。

木村拓哉ドラマ「A LIFE~愛しき人~」あらすじ&みどころ、アメリカ帰りの職人外科医役に初挑戦!

「下剋上受験」がドラマ化!阿部サダヲと深田恭子演じる中卒夫婦、あらすじをご紹介!

 

スポンサーリンク


 - テレビ番組, ドラマについて, 気になる芸能人情報

ツールバーへスキップ