「ストロベリームーン2017」、ベストな観測時間は?名前の由来と赤く見える理由とは?

      2017/06/10


今日のYahoo!ニュースで、「ストロベリームーン」という月のことが

出ていましたが、ご存知ですか?

まだ知らないよ~って方にちょっとお知らせ。6月9日の夜の

お楽しみですので、間に合った方は是非空を眺めて下さいね!

スポンサーリンク

 

赤みを帯びた月が見れる「ストロベリームーン」

 

毎年夏至の6月に観測できる満月のことを、「ストロベリームーン2017」と呼んでいるんですね!

 

昨年のストロベリームーン2016は6月20日だったそうです。

 

今年はそう、今日、2017年6月9日です。

全国的に晴れるようでどこでも観測できると言われています。

 

きっと朝からの天気予報ではこの話題をお伝えするでしょうね。

 

 

 

スポンサーリンク

ストロベリームーンと呼ばれる理由

 

このストロベリームーンという月の名前は、この6月がアメリカではイチゴの収穫時期と

重なるからということから来ているようです。

色がイチゴのように赤いのが理由かな?とも思ったのですが、違うようです。

名前のようにイチゴのように月が赤いことを期待するとまたガッカリすることもあるようですが、

濃い黄身のようなオレンジ色の時もあるそうです。

言われてみると、濃い黄身のようなオレンジの月は観た記憶があります。

ひょっとしたらあれはストロベリームーンだったのかしら?と

思います。

 

「ストロベリームーン」なんて呼び名を付けるなんて、なんだか可愛いですね。

十五夜のお月見のようにお団子を食べるのではなく、イチゴのショートケーキが売れたりして、

流行りだしたら、すぐに便乗合戦が始まりますよね~。

 

月が赤みを帯びる理由

 

ではなぜこの時期の月が赤みを帯びるのでしょうか?

それは、夕焼けを見るとわかりますが、地平線の近くを太陽が下りる時、

赤っぽく見えると思いますが、それは大気の影響を受けているからなんです。

 

これと同じ理由で、夏至の頃の満月は一番低い位置にあり、大気の影響を受けて、

赤っぽく見えるそうなんです。

それに加えて、梅雨の影響湿度が高くなり光の乱反射が起こり、いつもより赤っぽく見える

そうなんですが、今年はどうでしょうか?

 

毎年梅雨入りした後で、見れないことも多いそうですが、今年は気付くくらい

綺麗な月を見ることが出来るでしょうか?

 

ベストな観測時間は?

 

月は高さが低いほど赤っぽく見えるので、月が出てすぐの方が綺麗に見えるそうです。

6月9日の東京の月の出の時間は午後6時31分、

最も高くのぼる時間は午後11時45分です。

一番綺麗に見えるだろうと言われている時間は、

午後8時頃~午後10時10分頃が良いそうですよ!

 

 

好きな人と一緒に見ると結ばれる?

 

何だかロマンチックな言い伝えですが、このストロベリームーンを大切な人と見ると

結ばれるとか幸せになると言われているそうです。

これはイチゴが熟すことから恋の機が熟すと暗示されているそうです。

あなたは誰とロマンチックな夜を過ごすのでしょうか?(笑)

 

私は娘と保育園にいる時間です(;^ω^)

 

 

まとめ

 

今日は6月9日に観測できる「ストロベリームーン2017」についてご紹介しました。

毎年観れるかわからないからこそ、貴重な時間ですね。

たまにはゆっくり空を見上げる時間も大切ですね!

 

最後までありがとうございました。

 

追記

実際の6月9日の月ですが、赤くもオレンジでもなかったけど、すんごく綺麗でした。

しばらく月光浴しちゃいました。

来年は名前通りのストロベリームーンが見れたらいいなぁ。
 

スポンサーリンク

 

 


 - ニュースより, 生活情報

ツールバーへスキップ