【夏休み映画2017】5歳以下の子供にお薦めの映画4選!ストーリー、見どころ、感想もご紹介

      2017/07/31


2017年の夏休みがやってきましたね。

子供を保育園に預けて働いてる者にとっては、あんまり関係のない

話なんですが、夏休みは子供向けの映画が沢山公開されますね。

 

その中でも4歳の娘が楽しめるだろうなという映画を4つ選んでみましたので、

ご紹介します。きっと3歳~5歳くらいのお子さんなら同じように楽しめると

思います。

 

スポンサーリンク

 

「怪盗グルーのミニオン大脱走」

 

【公開日】

 

2017年7月21日(金)公開

上映場所はこちらの公式HPでご確認下さい。

映画「怪盗グルーのミニオン大脱走」公式サイト

 

ストーリー

 

【「怪盗グルー」シリーズとは?】

 

主人公の怪盗グルーは、人を困らせることが大好きな悪者で、

さらに子供が嫌いと言う根っからの悪党なんです。

そんな怪盗グルーは、謎の生命体であるミニオンを怪盗軍団として率いて、

日夜悪行に勤しむのです。その冒険を描いたのが「怪盗グルー」シリーズです。

 

【ミニオン大脱走】

今回の大脱走では、大悪党からすっかり足を洗ったグルーと1980年代の

ファッションに身を包む悪党バルタザール・ブラットとの宝石をめぐる

ドタバタコメディです。

二人のバトルと並行してあるのが、グルーのパートナーのルーシーと3人の

娘らと、生き別れになっていた兄弟のドル―らが新キャラで登場して、

それぞれの願いを叶えようと頑張ります。

グルーが悪党に戻り、一緒に遊ぼうとするミニオンのハチャメチャぶりも見どころです。

 

また、80年代ポップスが全編に流れるので、パパ、ママには懐かしいようです。

最近のアニメは立体的な映像が多く、リアルで楽しいですね。

 

ミニオンが理屈ぬきで可愛い

 

大阪に住む私は娘がまだ無料だった3歳の時に、ユニバーサルスタジオによく

連れて行ってました。

ミニオンのキャラクターの可愛さだけで、物語のストーリーを把握していなかったのですが、

今回改めて知って、益々好きになりました。

ユニバーサルスタジオでは、ミニオンたちをあちこちで見ることが出来ます。

親子や友達同士で、ミニオンスタイルであそびに来ている人達も多い!

 

泥棒さんでも可愛さ抜群です!

 

過去の「怪盗グルー」シリーズはすでにDVDになっています。

 

 

「カーズ クロスロード」

公開日

2017年7月15日公開

上映場所などは公式HPでご覧ください↓

カーズ/クロスロード|映画|ディズニー公式

 

ストーリー

【カーズ】シリーズは、車を擬人化したキャラクターによって物語が

構成されています。

主人公はライトニング・マックィーンというレーサーです。映画「カーズ」では、

新人ルーキーとして登場しましたが、今回の「カーズ/クロスロード」では、

もうベテランになっています。

 

人気のベテランレーサーのマックイーンは、新世代ルーキーのストームと

走るのですが、焦りから大クラッシュを起こしてしまいます。

 

そんなマックイーンがリハビリも兼ねてトレーニングを行い、

復帰を願うのです。

 

マックイーンの選択に感動

 

人気も実力もあった主人公が、年を重ねて、その年を取ったことを認めていく物語となっている

今回の「カーズ/クロスロード」です。

復帰に向けての中で、「老い」を認めて次へ進むというストーリーが

描かれ、各界の著名人からも感動したという声が続出しています。

 

レースシーンのリアリティ、トレーニングシーンなど今まで見てきた車映画の中で一番リアルでした。
走り続けることがドライバーにとって幸せなことだと改めて感じました。

レーシングドライバー 小林可夢偉さん

 

私にとってのマックィーンは吉田選手。ずっと背中を追いかけていました。
いまの私の夢は、東京オリンピックでの2連覇。
そんな夢をあきらめないことの大切さを教えてくれる。そしてまた頑張ろうという勇気をもらえる映画です。

女子レスリング48キロ級 登坂絵莉さん

 

マックィーンの選択に誰もが驚き、感動すると思います。
失敗を恐れるのではなく、失敗に立ち向かうことの大切さを教えてくれる。
自分の殻を破って挑戦する勇気をくれる映画
です。

プロボクサー 村田諒太さん

 

今回のストーリーの中、のマックイーンがどう選択し行動し、そしてラストの展開も

どうなるのか、お子さんを連れて行く親の方が感動する映画となっているようです。

 

過去の「カーズ」作品はこちらです↓DVDも発売されています。

 

スポンサーリンク

 

「メアリと魔女の花」

 

「借りぐらしのアリエッティ」「思いでのマーニー」の米林宏昌監督の第3弾です。

声優としても大活躍の神木隆之介さんや、杉咲花さんが声優をつとめます。

 

公開日

 

2017年7月8日(金)公開

上映場所は公式HPでご覧ください。

「メアリと魔女の花」公式サイト

 

ストーリー

 

赤い舘村に引っ越してきた主人公メアリは、森で7年に1年か咲かない花「夜間飛行」を

見付けます。その花はかつて魔女の国から盗み出された”禁断の花”だったのです。

 

一夜限りの不思議な力を手に入れたメアリは雲海にそびえたつ魔法世界の最高学府である

「エンドア大学」への入学を許可されます。しかし、メアリがついてしまった

たったひとつの嘘が大切な人を巻き込んだ大事件を引き起こしてきます。

 

魔女の花を追い求める校長マダム マンブル・チューク、

奇妙な実験を続ける魔法科学者 ドクター・デイ

謎多き赤毛の魔女と少年ピーターとの出会い。

 

メアリは魔女の国から逃れるために、「呪文の神髄」を手に入れて、

全ての魔法を終わらせようとしますが、その時メアリは全ての

ちからを失ってしまうのです。

 

次第に明らかになる”魔女の花”の正体、メアリに残されたのは1本のホウキと

小さな約束、魔法が渦巻く世界で無力な人間メアリが暗闇の先に

見出した希望とは何だったのか。

 

あらゆる世代の心を揺さぶるまったく新しい魔女映画です。

 

劇場で観た方の感想は?

 

私もCMを見たときに、「魔女の宅急便」に似ているな~と感じました。

スタジオジブリ出身の監督なので、今回の作品にも、「千と千尋の神隠し」の湯婆婆を

思い出すようなキャラクターや「ハリーポッター」をイメージする魔法の学校など、

お馴染みのアイテムが盛り込まれているそうです。

スタジオジブリの作品が好きな方なら、とても懐かしくなるようですね。

 

これまでの大人も楽しめるスタジオジブリ作品を期待するとガッカリなようですが、

ストーリーが簡単なので、3歳~6歳の幼児に見せるにはお薦めのようです。

 

映画のレビューはこちらからチェックできます。

メアリと魔女の花のレビュー|映画.com

 

 

「フェリシーと夢のトゥシューズ」

公開日

 

2017年8月12日(金)

上映場所はこちらのHPでご覧ください。

映画「フェリシーと夢のトゥシューズ」公式サイト

 

ストーリー

 

家族のいない一人の少女がパリ・オペラ座を目指す夢に恋する物語です。

 

19世紀末、フランスのブルターニュ地方の施設で暮らすフェリシーは

いつかはバレリーナになりたいと夢見ていました。

しかし施設で暮らす彼女には夢は遠い存在でした。

そんな時に同じ施設の発明家を目指しているヴィクターに誘われて、

エッフェル塔が建設されているパリへ向かいます。

 

パリについて二人ですがフェリシーはヴィクターとはぐれてしまいます。

奇跡的にたどり着いたオペラ座で美しく踊るエトワールの姿を目にします。

そこで働く掃除係のオデットと出会い、オデットの仕事を手伝うようになります。

オデットの雇い主の娘のカミーユがオペラ座バレエ学校の入学許可待ちだと知った

フェリシーは、身分を偽り、カミーユとして入学するのです。

 

世界的に有名なメラントゥ先生のクラスに入れましたが、バレエは初心者のフェアリー。

そんな彼女にバレエを教えてくれたのは、オデットでした。オデットは昔バレリーナだったのです。

 

そんな身分を偽って入学した嘘もすぐにばれてしまうのですが、

彼女の努力を見ていたメラントゥ先生が、カミーユとバレエで対決して

勝つことが出来れば最悪の事態は免れることに…。

 

バレエシーンが綺麗

 

最後に本当に入学するはずだったカミーユとの対決で、

ストーリーとしては勝つような気もするのですが、買ったとして、学校のお金は?

なんて現実を考えてしまっています(笑)

嘘をついて入学するってストーリーは好きにはなれませんが、

バレエシーンの映像などは、専門家が監修されていてとても綺麗だそうです。

日本の声優さんでは土屋太鳳さんがフェリシーの声優をつとめているようですが、

聴き心地がいいと好評ですよ。

 

「フェリシーと夢のトゥシューズ」の感想・レビュー

 

まだ公開されていませんが、ジャパンプレミアムや飛行機の中で観た方が

感想を書いています。

公開前の感想はこちら↓

フェリシーと夢のトゥシューズ 映画レビュー

 

公開後はこちらにも投稿されていくと思います↓

「フェリシーと夢のトゥシューズ」映画の感想・レビュー

 

 

フェリシーの塗り絵が楽しめます

 

公式サイトからはフェリシーの塗り絵がダウンロードできます。

ご覧になった後に、お子さんと塗り絵をして楽しむのもお薦めですね。

フェリシー塗り絵ダウンロード

 

子供の夢を応援したい

 

この映画を観たお子さんがバレエを習いたいと言い出したら…。

 

全国のバレエ教室のガイドがあります↓

Ballet Space

 

バレエを習わせるメリットを紹介↓

子供の習い事でバレエを選ぶメリットって?

 

子供が自分から習いたい!とフェリシーのように夢を持って向かうと、

頑張って応援したくなりますね。

大阪にも子供の夢を全力で応援した家族がいます。

ドキュメンタリー映画にもなった映画「Maiko」は観る価値のある作品です。

現在ノルウェーでダンサーの最高ランクであるプリンシパルとして活躍しています。

しかも出産後もその座に戻って活躍している人なんです。

 

 

まとめ

 

今回は小さなお子さんと行っても楽しめる映画をご紹介しました。

もう映画館に連れて行ってもぐずらないで観てくれる年齢になりました。

 

「キャラメルポップコーンを食べたいから朝ごはんいらない」と

気合いを入れて向かう娘と、今年の夏も映画を楽しみたいと思います。

 

子育てに関する気になる情報もピックアップして載せていますので

ご覧ください↓

子育てに関する情報をピックアップ|凛のトレンド工房

最後までありがとうございました!

 

 

スポンサーリンク


 - 映画情報

ツールバーへスキップ