アラフォーママの気になる情報、ピックアップ♪

【IT眼症】対策!スマホ・タブレットの使い過ぎで視力だけでなく自律神経にも影響、予防法をご紹介

橋本 文子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
橋本 文子
介護福祉士&親子ITインストラクター。仕事に子育てに毎日奮闘中です。 最新情報が大好き!自分のアンテナに触れた新しい情報をピックアップして 載せていきます♪Webの力で人生変えるぞ!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちわ!

毎日仕事に家事にと追われて、ブログの更新が滞ってしまいましたが、

今日は、子どもの「IT眼症」という聞きなれない病名を知ったので、

そのことについてご紹介したいと思います。

お子さんがこれからIT機器と健康的につきあっていくには、

色々な面を知っておくことが必要です。

 

[ad]

 

2017年小・中学生の視力1.0未満が過去最高に!

 

文部科学省によると小・中学生で視力が1.0未満の子どもが過去最高に

なってしまったそうです。

やはり、スマホやタブレット、ゲームの普及が一番の原因ではないかと

言われているようです。

 

スマートフォン・スマホのイラスト

 

もちろん、スマホがなかった私の子どもの時代でも

目が悪くなる子は悪くなっていました。

私もその一人なんです。

でも、最近は目が悪くなる要因がない子どもでも

IT機器の画面を見続けることで、視力の低下が進んでいるようです。

しかも、視力の低下だけではなく、全身にもその影響が

出るというのです。

 

スマホ・タブレット中毒が引き起こす「IT眼症」とは?

全身に症状が出始める

 

あなたは「IT眼症」って聞いたことありますか?

私も初めて聞きました。

日本眼科医会の説明によると、

IT眼症とは、「IT機器を長時間あるいは不適切に使用することによって

生じる目の病気、およびその状態が誘引となって発症する全身症状」

 

 

そう、全身に影響が出るんです。

 

 

具体的にはどんな症状なんでしょうか?

 

 

眼精疲労が引き起こす症状

 

IT機器の画面を見続けることで、起こる症状の中で、

気になるのが太字にした部分。

眼過労性症候群の症状

  1. 視覚性:ピントが合わせにくい、複視がでる、まぶしい、ちらつく、うるむ、乾燥感、充血、熱感など複数の不快感の訴え
  2. 筋肉性:固視持続困難、眼・周囲の鈍い痛み、瞬目過多、肩・頚部・腕・腰部のこり・痛み・しびれ感
  3. 関連性:頭痛、目まい、悪心、嘔吐、習慣性便秘、下痢、月経不順、食欲不振、三叉神経痛、眉間・額のしわ形成
  4. 機能的:心身症、神経症、不定愁訴

(平岡真理:眼科47,2005より転載)

 

人間って通常は1分間に15回から20回瞬きをするそうですが、

画面を見つめていると1分以上も瞬きをしなかったり、

子どもは涙の膜がしっかりしているので2~3分瞬きしなくても平気

なんだそうです。

結果、気づいたらドライアイになってしまうんですね(・・;)

 

長時間の同じ姿勢で身体が緊張してしまう

 

IT機器を使用する時って、長時間になりやすく、また同じ距離、姿勢で

見続けてしまいますよね。

そういった首の緊張や、目の緊張が自律神経にまで影響を与え、

めまいを引き起こしたり、変な時に興奮してたり、興奮状態が覚めず

眠れなくなったりするんですね。

 

またゲームなどの映像が3Dなどと上がっていることも

目が疲れる原因のようです。

 

リアルに見えて凄い!って思いますが、それだけ

目の機能を使ってみているってことのようです。

 

心身症や、神経症、便秘や下痢まで引き起こすんです。

 

子どもが不調を訴える時にはIT眼症を疑ってもよい時代になっています。

 

 

スマホ・タブレット・ゲーム機の利用時間を決める

適切な使い方をする

 

兵庫県姫路市の眼科医で、大学の客員教授も務める田淵昭雄医師は、

「50センチは離して、50分以内にすること」と話されています。

 

IT機器だけでなく、テレビでも同じことが言えますが、

離れて、時間を決めて使うってことが、

上手につきあう方法のようですね。

ネットやゲームには中毒性があるので、

そこを親が上手く管理してあげることが大切です。

 

 

私もずっとスマホを見ているので、

そういう親の姿が当たり前になると

子どももそういう風になりますね。

反省しました(;^ω^)

 

 

IT眼症の検査方法は?

 

ご自分のお子さんがIT眼症ではないかと心配の方は、

こちらをご覧ください↓

IT眼症の検査|公益社団法人日本眼科医会

 

[ad]

画面を見ない時間を楽しめる工夫をしよう

 

休日になったら天気がよくても、家でゲームやテレビばかりって

大人や子どもも増えて来ていると思います。

IT眼症にならない為には、「IT機器から遠ざかる」ことが一番。

 

有害な情報から子供を守る親のイラスト(スマホ)

 

外で元気に親子で遊んだり、スマホをバックに入れて

子どもと過ごす時間は子どもと向き合う姿が

大切なんですね。

ジャングルジムで遊ぶ子供達のイラスト

 

携帯やスマホがなかった時代は、触らなくても平気だったはずなのに、

一度手にすると不思議なものですね。

 

休肝日みたいな「休眼日」っていうのも

推奨して、健康にIT機器と付き合っていけたら良いですね。

 

過ぎたるは猶及ばざるが如し

全てに通じる言葉ですね。

 

その他、子育てについての気になる情報をピックアップしています。

良かったらご覧くださいね↓

子育てに関するお役立ち記事|凛のトレンド工房

 

最後までありがとうございました!

 

 

 

 

まとめ

 

 

[ad]

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
橋本 文子
介護福祉士&親子ITインストラクター。仕事に子育てに毎日奮闘中です。 最新情報が大好き!自分のアンテナに触れた新しい情報をピックアップして 載せていきます♪Webの力で人生変えるぞ!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 凜のトレンド工房 , 2018 All Rights Reserved.