アラフォーママの気になる情報、ピックアップ♪

【介護食】生きることは食べることから!「3Dプリンター介護食」で食べたくなる楽しい食事を開発中!

橋本 文子
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
橋本 文子
介護福祉士&親子ITインストラクター。仕事に子育てに毎日奮闘中です。 最新情報が大好き!自分のアンテナに触れた新しい情報をピックアップして 載せていきます♪Webの力で人生変えるぞ!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちわ!

今日はYahoo!ニュースで見た、3Dプリンターが

介護の世界にもとってもよい物を提供してくれる情報を

ご紹介します!

[ad]

介護で使う食事と言えば…

 

私も毎日訪問介護でご自宅にお邪魔して、

食事を作ったり、介護食を使ったりして

食事介助の仕事もしています。

介護食が必要な方へはレトルトの食品を使用することが

多いのです。

例えば、キューピーが販売している介護食品だったりします。

様々な固さで作ってあり、流動食からこの容易に噛めるというような

食事まであります。

 

[キユーピー] ★介護食★ やさしい献立 “区分1 容易にかめる” 13種類セット 【5400円以上購入で送料無料】キューピー やさしい献立 介護食品 レトルト

価格:2,810円
(2019/2/5 22:49時点)
感想(4件)

 

ご飯も柔らかいご飯が販売されています。

 

【送料無料(沖縄・北海道、一部地域を除く)】 キューピー やさしい献立 『やわらかごはん』×12袋 1ケース (区分3・舌でつぶせる)

価格:2,295円
(2019/2/5 22:54時点)
感想(0件)

自宅でこういった食事を支度しながら介護が続けられるような

環境のご家庭も中々ない現実。

とても便利な世の中になりました。

 

ご家庭で作ってらっしゃる方も、

噛めなくなったり、嚥下が難しくなった方へは

刻み食だったり流動食だったりと、

食べやすさ」「飲み込みやすさ」を重視して、

調理しています。

 

 

ただ、やはり見た目が単調になりやすいんですね。

流動食になるともとの見た目さえ、何かわからなかったり。

 

食事って見た目も大切です

 

ヘルパーは家庭に訪問し、そこで調理し、

食事を提供することもあります。

私が気を付けているのは、やはり目で見ても美味しそうに

見えるように作ること。

野菜炒めでも、ある材料で色を多く使うようにしたり、

できる範囲の工夫はしています。

これは自分の家庭でも同じことですよね。

見た目」や「食感」ってとっても重要です。

 

どうしても介護食は、目で楽しみながら食べることが

難しくなってきます。

[ad]

3Dプリンターで楽しい介護食ができる?

 

まずはこちらのページの写真をご覧ください!

3Dプリンターで「楽しい介護食」形も軟らかさも自在

このニンジン凄いですよね!

雪の結晶の形に作られていっています。

プログラミングの学習でも出てくる3Dプリンター。

 

3Dプリンターで食べられるものが作れるんですね!

本当に何でも作れてしまう世の中になりました。

実は、ヨーロッパではすでに取り組みが行われて

いました↓2014年の記事です。

高齢者のための3Dプリントフード

 

山形米沢キャンパスの川上勝准教授(機械システム工学)ら

研究チームが開発しているそうです。

ちなみにHPがこちら↓

山形大学工学部機械システム工学科

 

複数のノズルを持つ3Dプリンターを使うことで、硬さの違う食材を組み合わせて食感に変化を持たせたり、異なる色の魚のすり身を「サケの切り身」の形にしたり、といったことをめざす。

 

開発の壁である、ペーストの柔らかさを克服して欲しいです。

アイデアで、色々な栄養素を含んだ食品が作れそうですね。

 

毎日食べるものだから、コスパが命

 

こういったこれまでになかった食材は割高になることが

多いですが、人の手ではなく、「機械が作る」ということで、

手ごろな値段で販売されることを期待します。

 

毎日は難しいと思いますが、見た目も美味しそうな食事を、

訪問介護の現場でも提供できるようになると良いなと

思います。

 

まとめ

 

「食」とは人に良いと書きますが、食べること、食べたい気持ちがあると

いうことは生きる希望に繋がります。

食べる気もしなくなったり、食べられなくなってしまうと、

人の命って本当に短いです。

訪問介護の仕事を始めて、ひしひしと感じています。

寝た切りでも、食べられる人は強いんです。

「食べたい」という食の願望がある人は強いです。

 

ただ空腹を満たすためだけの食事ではなく、

見た目も楽しみながら、「食べる」という時間が

楽しみになるような食材の開発を期待します。

AI、ITこういった最新の技術が、私たちの

未来をより良いものに変えてくれることを祈ります。

 

食事介助のイラスト

 

現在放送中の「まんぷく」ではないですが、

「食べること」人間の基本です。

 

 

介護関係のお薦め情報はこちら↓

介護関係のお薦め情報|凛のトレンド工房

 

最後までありがとうございました。

 

[ad]

 

この記事を書いている人 - WRITER -
橋本 文子
介護福祉士&親子ITインストラクター。仕事に子育てに毎日奮闘中です。 最新情報が大好き!自分のアンテナに触れた新しい情報をピックアップして 載せていきます♪Webの力で人生変えるぞ!
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 凜のトレンド工房 , 2019 All Rights Reserved.