荒了寛「羅漢さん心の日めくり2」7日の言葉を読んだ感想~凜の徒然日記~

   


おはようございます。

今日は2017年10月8日、はい、7日は書けずに終わってしまいました(;^ω^)

午前中は雨の為に、小学校の体育館での運動会でしたが、

とても良い運動会でしたよ。

一日遅れになりましたが、羅漢さん日めくりカレンダーのお言葉を

早速みていきましょう。

スポンサーリンク

 

 皿が割れたのではない 皿を割ったのです

 

一見抽象的な言葉なんですが、これには「自分がそうしたんだよ」と

いう戒めの意味が込められていると私は解釈しています。

例えば、相手が怒ったというときに、自分は悪くないと思っている人は、

勝手に怒っていると思いがちですが、

「自分が怒らせた」という風に解釈できると謝罪の言葉も出ますね。

 

自分の失敗を、認めにくいと、反省にも繋がりにくいので、

素直に謙虚に受け入れる心が大切です。

 

スポンサーリンク

自分の身に起こることは自分自身の責任

 

自分の身の回りに起きている嫌なことって、人のせいにしがちです。

私も愚痴を言って、発散するしか方法がなくて、人のせいにして、

自分を正当化して心を保っている時期がありました。

 

実際、自分では精一杯やっているつもりだったので、

そんな仕打ちをされるなんて、という思いがありました。

 

でも、その精一杯やっているというのは、自分でそう思っているだけで、

相手からしたら余計なことだったり、してあげているというような

傲慢な部分があったりしたようです。

 

仕事でも家庭でも、上手く行かなくなった時は、まず内省してみること。

相手を攻撃しても、お互いにまた嫌な雰囲気になるだけです。

 

「北風と太陽」という物語がありますが、ホント、相手を変えたいと

思う時は、太陽のような方法で変えるしかありません。

 

それにはまず自分が変わって行くしかないのです。

 

まとめ

 

今日は自分への戒めの言葉「皿が割れたのではない 皿を割ったのです

について、考えていることを書いてみました。

 

人間、年齢を重ねていくと、思考が固まって来て、頑固になっていきますね。

「あの人に言っても無駄」なんて囁かれないような

年齢の重ね方をしていきたいですね。

最後までありがとうございました!

 

スポンサーリンク

 


 - 凜の徒然日記

ツールバーへスキップ