【西郷(せご)どん】幕末の英雄を女性が描く見どころ、主演鈴木亮平の魅力とは?

      2017/12/28


いよいよ2018年1月7日(日)20:00から、大河ドラマ「西郷どん」が

スタートしますね!読み方は「せごどん」なんですね。

やはり知らない人より、ベタな歴史上の人物の方が観たいなと

思ってしまうのは私だけでしょうか?

おまけに大好きな鈴木亮平さんが主演ですので、必見ですよ!

今回の大河ドラマは女性目線で描く西郷さんになります。

見どころや鈴木亮平さんの魅力に迫ります!

スポンサーリンク

 

原作は林真理子、脚本は中園ミホの有名コンビ

 

今回の大河ドラマの原作は林真理子さんと脚本は中園ミホさんという

ゴールデンコンビなんです。

生身の西郷さんを描く 林真理子さん

 

林真理子さんは、「生身」の西郷さんを描きたかったと話されています。

西郷さんは偉くなっても質素な生活を続けた「清貧」の人。

でも立派で高潔なだけでなく、人間くさい部分を描くことで、

より愛おしい人物として感じて欲しかったそうです。

女性にベタボレになって、人に会うときも膝に乗せていたり、

そういう皆が知らない姿も描いているそうです。

林真理子さんならではの繊細で力強い筆致で描かれた原作です。

 

西郷どん! 上製版 前編 [ 林 真理子 ]

価格:1,836円

(2017/12/26 06:26時点)

感想(0件)

西郷どん! 上製版 後編 [ 林 真理子 ]

価格:1,836円

(2017/12/26 06:27時点)

感想(0件)

弱さがあるから人間は魅力的 脚本家 中園ミホさん

 

連続テレビ小説「花のアン」でも脚本を担当された中園ミホさんです。

「花のアン」では鈴木亮平さんもアンの夫となる役を演じました。

今回の「西郷どん」は連載中から読んでおられ、最後は涙がこぼれて

仕方なかったそうです。

中園さんが西郷隆盛を色々調べると、相手の懐に入り、その人の気持ちに

寄り添うことが出来る「情」の人だったそうです。

また人間が持つほころびや弱さを描くことでより魅力的になると

仰っています。

最近は歴女も多いですが、やはり苦手な方が多い。

そんな方でも人間ドラマに重きを置いて描いてあるのでスッと

観ることができるようです。

 

主演 鈴木亮平さんの魅力とは?

 

そして、原作&脚本を担当した女性をメロメロにしてしまった西郷隆盛を

演じる鈴木亮平さんも、女性からも男性からも人気のある俳優さんです。

私も、「花のアン」からファンになっています。

俳優になろうと、50社以上の事務所にアタックした行動力の持ち主の

彼が「大河ドラマ」の主役をゲットできた理由は色々あるでしょうが、

個人的な思いを書いてみます。

 

優しい眼差し

 

鈴木亮平さんのファンの方ならわかると思うのですが、

彼の魅力の一つである「眼差し」。

きっと本当に優しい人なんだろうな~と感じてしまいます。

恋愛ドラマの中でも相手に対して思いを向けるシーンなど、

その眼差しがとっても優しい。その眼差しの中に深い愛情を

感じます。今回も男女問わず人間愛の深い西郷どんを演じるに当たって、

あの眼差しを沢山見ることが出来るなと期待しています。

 

たくましい肉体

 

これも魅力の一つ、肉体美です。

あの鍛えられた胸板の厚さが好きな女性ファンも多いことでしょう。

今、テレビで柔軟剤のCMに出演されていますが、その時にワイシャツを

着てらっしゃるんですがその姿だけでも「かっこいい♡」なんて

思ってしまいます。

カレンダーを発見しました♡

 

【送料無料】 2018年カレンダー / 鈴木亮平 / 18CL-0303 [10/28発売]

価格:2,450円

(2017/12/27 06:28時点)

感想(0件)

身長も186センチあり、スポーツジムで鍛えてらっしゃるんですね。

写真集も出してらっしゃいます。

欲しいけど、飾ったら旦那に怒られそう(笑)

 

鼓動 鈴木亮平FIRST PHOTO BOOK[本/雑誌] / 平岩享/〔撮影〕

価格:2,160円

(2017/12/27 06:29時点)

感想(0件)

 

 

役作りへのこだわり

 

これまでも「俺物語!」や「天皇の料理番」で見せた

ストイックな役作りは話題になりました。

「天皇の料理番」では病気の役で激ヤセしたかと思えば、

次は「俺物語」で増量し、周りが心配する程です。

 

「天皇の料理番 鈴木」の画像検索結果

画像引用元:https://goo.gl/images/cKFWvm

 

映画「俺物語!!」【Blu-ray】 [ 鈴木亮平 ]

価格:4,909円
(2017/12/28 05:48時点)
感想(0件)

「俺物語」は漫画とそっくりですね!

 

その役作りは今回の西郷どんにも生かされているそうで、

ちょっとガッチリとした体形でスタートするようです。

序盤の見どころの一つに御前相撲を取る場面があるそうで、

青年期はこの体形で撮影するそうですが、

その後はスタッフらと相談で決めていくそうです。

 

コントロールできるのが凄いですね。

 

 

「西郷どん」のホレてしまう見どころ

無鉄砲な一直線

何事にも一直線で時にはとっぴな行動に出てしまうキャラクターは、

西郷どんの一番の魅力です。

幼少期からの猪突猛進なその行動力はずば抜けています。

その”熱さ”こそが薩摩隼人(勇ましい薩摩の男)の理想像なのです。

そんな彼だからこそ主や仲間たちからの信頼も厚いのです。

 

熱くて突っ走るというイメージから松岡修造さんをイメージしちゃいます(笑)

 

自分は後回しの優しさ

 

下級藩士の貧しい家の出身の西郷隆盛には4人の弟・妹がおり、

わずかな食料も彼らに与えていたそうです。

元服後は吉之助と名乗って、年賀徴収の仕事に就きます。

収穫量に応じて年貢を納める制度である「検見地」の導入を提案したり、

自らも借金が必要なほどに大変なのに、困っている人にお金を貸したりと、

弱者のために心を砕きます。

優しすぎる性格が災いし、損な役回りになって、何度も壁にぶち当たるのです。

そんな底抜けな優しさを持つ人なのです。

 

 

魅力的で恋愛も波瀾万丈

 

西郷隆盛は生涯において3度も結婚をしているんです。

多くの女性と激しい恋を重ねた人だったんですね。

その中でも二番目の妻の愛加那への愛情は強く、メロメロだったそうです。

 

愛加那さんは二階堂ふみさんが演じますが、

視聴者は焼きもちを焼いてしまいますね!私も同じです(笑)

 

その他、幼馴染の糸(黒木華)や、蔦姫こと於一(北川景子)をめぐる西郷の

淡い思いなども描かれているようで、楽しみです。

 

まとめ

 

1月7日スタートの「西郷どん」が、女性が観ても楽しめる大河ドラマに

なっている理由をお伝えしました。

スタートまで、俳優陣の色々なトラブルもありましが、

撮影が順調に進むことを祈ります。

 

番組のリアルタイムな情報は公式HPをご覧ください。

NHK大河ドラマ「西郷どん」

 

その他1月スタートのお薦めドラマの記事はこちらです↓

2018、1月ドラマ「きみが心に棲みついた」あらすじ&キャスト~吉岡×桐谷×向井が三角関係~

 

最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

 

 

 


 - テレビ番組, ドラマについて, 気になる芸能人情報

ツールバーへスキップ