アラフォーママの気になる情報、ピックアップ♪

【ステモン体験・感想】プログラミング&STEM教育、年長、小学生から楽しくつくることで学ぶ

 
この記事を書いている人 - WRITER -
橋本 文子
大阪在住のアラフォーママです。仕事に子育てに毎日奮闘中です。 最新情報が大好き!自分のアンテナに触れた新しい情報をピックアップして 載せていきます♪Webの力で人生変えるぞ!
詳しいプロフィールはこちら

こんにちわ!

とっても寒い週末だったんですが、気になっていたステモンのスクールに

娘と体験にいって来ました。

きっとこのページを見つけて下さった方は、

お子さんの教育に関心がある方だと思います。

それでは体験した感想をご紹介しますね!

スポンサーリンク

「ステモン」ってどんなスクールなの?

 

プログラミングを学べるSTEM教育スクールSTEMON

ステモンは、理数IT・ロボット・プログラミングなど

次世代教育の「ステモン楽習法」のスクールです。

いち早く世界の新しい「STEM教育」を日本の教育に取り入れて、

他よりも3歩先行くハイレベルなSTEM教育である

ステモン楽習法」を開発しました。

大学や教育委員会と共同開発を2017年から開始して、

先進的な公立の小学校やインターナショナルスクールでも

取り入れられています。

何と、私が住む大阪市にもプログラミング教材を

提供しているんです。

ステモンの「楽習法」の6つの特徴とは?

 

ステモン「楽習法」では、コントラクショニズム理論からうまれた、

「つくることで学ぶ」新しい「楽習法」です。

  1. STEM領域に特化したカリキュラム
  2. 自由なモノづくりを通じて学ぶ
  3. 創造力と表現力を育む
  4. 生徒同士が学び合う
  5. バリエーション歌かな教材
  6. こどもの主体性を育む講師

コンストラクショニズムとは、マサチューセッツ工科大学の

シーモア・パパート教授によって提唱されました。

「人は、「モノを使って考える」あるいは「手を動かして考える」ときに、創造的なエネルギー、創造的な思考、モノの見方が引き出されるという理論」

 

 

手を動かして物を作ったり考えたりって凄いことなんですね!

本も出ています↓

 

作ることで学ぶ Makerを育てる新しい教育のメソッド (Make:Japan Books) [ シルビア・リボウ・マルティネス ]

価格:3,240円
(2019/1/29 06:28時点)
感想(0件)

 

ステモンは6つのCスキルを育て、未来のリーダー作り

 

また21世紀の未来をつくるリーダーのスキルを育むためには、

6つの「C」の力を伸ばすことが必要ということです。

そのCとは以下になります。

  • Critical Thinking(論理的な思考力)
  • Communication(伝える力)
  • Contents(コンピューターを活用する)
  • Collaboration(仲間と一緒に)
  • Creative Innovation(創造と表現の力)
  • Confidence(失敗を恐れない)

この考え方をベースに

  • 「マインド・態度・心」ージャンル(非認知能力)、
  • 「スキル・知識」ージャンル(認知能力)

の二つに分けて、スキルを伸長します。

 

スポンサーリンク

ステモンのカリキュラム紹介

 

ステモンでは、年長、小学校一年生から学ぶことが出来ます。

年長ーキンダリークラス

1年生ーベーシッククラス

2,3年生ーアドバンスクラス

3、4年生ーエリートクラス

小学校4年生~ープログラミング&ロボティクスコース

またプログラミングでゲームを開発する

「ゲームクリエイター編」(20回)

ロボット制御を学ぶ「ロボットクリエイター編」(20回)と、

スキルをどんどん上げていける仕組みが整っています。

 

本格的に学べる環境がありますね!

 

それぞれのコースの詳細はこちらのHPをご覧ください↓

https://www.stemon.net/lp_student/

授業料は体験会の時に説明があると思いますが、

プログラミング教室の相場の金額だと思います。

教材をまとめ買いしたりしなくてよいので良いですね。

 

ステモン豊中校で体験会に参加してきました!

 

私自身もワクワクしながら、体験会に参加してきました!

私がお邪魔したのはステモン豊中校です!

親子ITインストラクターとしても子供にどこかで学ばせたいと

思っていますし、他の親御さんにもお薦めしたいので、

そういった意味も踏まえて見学してきました。

まず娘は小学1年生が習う「ベーシッククラス」を体験しました。

先生が動物のイラストが描かれたものを3つ並べて、

重さの重たい順番に並び替えをするように言われます。

娘はきちんと並び替えが出来て正解!

次は、ブロックで作られた「てんびん」を使って、

重さとつり合いについて学びます。

 

 

実際にお手本のブロックを見ながら作るんですが、

このブロックは台湾のものらしいんですが、とっても

よく作られていました。

よく見ていないと間違えて作ってしまうんですが、

そこも学びなんですね!

 

 

試行錯誤しながら、

同じ物が作れて娘も嬉しそうにしていました。

 

 

次はiPadでスクラッチジュニアの体験です。

私も娘に体験させたかったのですが、我が家はパソコンしかなく、

スクラッチを少しかじっただけでした。

やっぱり、幼児にはスクラッチジュニアがわかりやすいですね!

家でもタブレットを欲しがっているので、うれしそうな様子でした!

 

 

猫が女の子に「こんにちわ!」と言うプログラムを組むレッスンでした。

娘がすぐに「おじぎしたい!」と言いだし、そのアイデアも動きに入れることに。

始めてやったのですが、偶然短縮して進む方法も触って行っていて、

楽しく進めていました。

声を録音するのも、自宅のスマホで遊んでいるので楽しそう♪

猫が女の子に近づいて「こんにちわ!」と言えたんです。

ここで終わるかと思いきや、女の子に「大好き!」と

言わせたいと言い出して(笑)。告白か!女子だな!みたいな

ことで、それも追加しようとタイミングを上手く言わせるのに、

女の子を待たせる時間を苦戦していました。

やっと仕上がったと思ったら、女の子が顔がないのが嫌だ~と

言いだしました(笑)。

先生が、そうだよね~、と娘がiPadで私の写真を撮りだして、

イラストの顔に私の顔を入れ込んでました(笑)

でも、やっぱりママの顔が嫌だと、自分の顔でやり直し。

次々とアイデアを出して、時間ギリギリまで楽しんで、

良い作品が出来て満足した様子でした。

 

 

家でもビスケットやプログラミングカーなど、

少しだけさせているので、感覚は養えていたかな?と

思いました。

実際に、物を作ってみるというのは、「百聞は一見に如かず」と

いうように、頭だけでイメージするのと実際に作ってみるのでは、

覚え方が全然違いますよね。

やっぱり実際に作るカリキュラムが組まれているのは

お薦めだなって思いました。

近所にこのステモンのスクールがある方は、

是非体験会に参加されてみてはいかがでしょうか?

教室一覧

まとめ

 

今回はプログラミング教室のステモンをご紹介しました。

こちらは、作りながら学ぶ所がとってもいいと思いました。

どこがいいかな?と思ってらっしゃる方に

お薦めな教室をご紹介して行きますね。

お子さんとの相性や、ご家庭の事情にぴったりの場所が

見つかると良いですね。

親子ITインストラクターとしては、

アメブロでもブログを更新していますので、

ご覧ください↓

https://ameblo.jp/oyako-it

 

最後までありがとうございました。

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -
橋本 文子
大阪在住のアラフォーママです。仕事に子育てに毎日奮闘中です。 最新情報が大好き!自分のアンテナに触れた新しい情報をピックアップして 載せていきます♪Webの力で人生変えるぞ!
詳しいプロフィールはこちら
初めてスマホにお薦めですよ!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Copyright© 凜のトレンド工房 , 2019 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ